神奈川の地域密着型の不用品回収業者はなかなかお勧めできます

SITEMAP

Disused article recovery

不用品回収を依頼する前にすること

家に長年住んでいると不要品がたまってゆきますね。古くなったり故障しかけた家電製品や、数年前に買ったものの今では家族の誰も使わない健康器具など、行政のゴミ回収に出すには大きいからついそのままにしてしまっている物を、不用品回収の業者さんに頼んでイッキに処分するのも手です。その際には次のような点に注意しておきましょう。
・家の隅々まで不要品をピックアップ
不用品回収してもらったはずなのに、部屋の隅に不要な椅子があった!ということが起こると残念です。各部屋や収納スペースの不要品を一通り確認しておきましょう。
・安く済ませるなら行政のゴミ回収に
ゴミの分別は行政区によって違いますが、行政で回収可能な物ならば、ゴミ袋に入る物はもちろん、大きい物もバラしたり分解したりすれば可能になります。
・業者さんによって専門分野が
大抵の物は不用品回収する業者さんもいますが、専門分野や得意分野がある業者さんもいます。場合によってはその範囲の物しか回収しませんので事前によく確認しましょう。
・リサイクル料金にも注意
家電などリサイクル料金の支払いが必要な製品は、金額をチェックしておきましょう。同じ「テレビ」でも、メーカーや製品によってリサイクル料金が違います。分かりにくいので本来より多くの料金を請求されても気付かないこともあります。家電なら家電量販店に問い合わせるか、郵便局で確認するという方法もあります。

TOPICS

TOP